iPhone6Plusで使える激安 THETA VR ビューア

RICOH THETAのアプリがVR ビューに対応しましたよね。実はTHETAユーザーの私はかなり待ち望んでいました。なぜなら自分が過去に撮影した場所に仮想的にトリップ出来る。ジャンプして飛び込む様な感覚を得る事が出来るのではないか?そして、人が撮影した画像を見れば、その世界にワープする様な感覚が得られるのではないかと思ったからです。一時期はOculus riftなどの本格的なVR ビューアも考えたのですが、7万円も出せないよな〜という点と買ってもPCと接続して特殊なソフト入れて〜…となんとなく面倒な気がして躊躇してました。その点今回対応したのはリコー純正のiPhoneのアプリが対応してくれたのは手軽さの上で最も簡単ではないかと思いました。

そこで必要になってくるのが、VRスコープなどとも呼ばれる、スマホ用のVR ビューアです。

自分のスマホはiPhone 6 plus なので、5.5インチに対応した物をアマゾンで購入してみました。

選んだポイントはたった2つで、

  1. 6 plus の5.5inchに対応している事。
  2. ハコスコの様なダンボールではなく、プラスチックでがっちりマウントできる事です。

実は過去にハコスコで遊んだ事があるのですが、グルグル見てたらiPhoneが落下してがっつり凹んでしまった事があったのです。なので今回は上下からホールドしてくれる事が大事でした。

スマホ 3Dゴーグル (3.5~6インチ) スマートフォン ヘッドマウント ディスプレイ ヴァーチャル 3D動画 3D体験 iphone5 5s 6 6PLUS samsung S3 S4 S5などの携帯電話 使用 可能



いいですね、中国語の書かれた箱(笑)中身はこれだけ、本体とクリーナー、後は中国語と英語で書かれた取り扱い説明書です。外観はこんな感じ、もちろん高級感はありませんが、普通にプラスチックな感じ。左右の目の間隔を調整するレバー、自分は左右に最大でした。視度調整は直接レンズを回します。かけながら調整出来ないのが難点ですが、一度行えばもう調整は不要です。ちなみに自分は近視で普段眼鏡をかけているのですが、外した状態でもこのレンズを使ってピントは合いました。でどうやってiPhoneをマウントするのかな〜と触ってたら、ガガガガガ、なんと上下左右に開きます!なるほど、これで色々なスマホに対応するのか! 開いた状態の図、真ん中に仕切りがあるのがわかります。

さて、ついにマウント!ぐっと横から滑らせてみます。

おー!ぴったり!しかも分厚いケースごとがっつりマウントできた!
ここまで来れば、あと一息です。

iPhoneのTHETAアプリを起動し、見たい画像を表示。
右下のアイコンをタップします。
VRビュー(二眼)を選んで。この表示になったら、VRスコープに取り付けて覗くと・・・おおおおおお!!!!!

あの日あの時間のあの空間が蘇ります!ああ、こんな感じだったよねと思い出します。

もちろん他の人が撮影した画像にもジャンプ出来るので、バーチャル旅行ができるのです。まさにどこでもドア!

しかも5.5inchなので、思ったより覗いた時の画角は広いのと、6 plusはピクセルピッチが401ppiと高いので、ゴーグルのレンズで拡大しても、ピクセルが見えづらいです。

しかし色々見て行くと、色々難点が、

  1. VRスコープに装着中はスマホの操作ができない。
  2. THETAの画素数が低くて見てて物足りない。

の2点です。

一つ目はおもったより辛いです(笑)

特にTHETAのアプリが画面でしか操作出来ないのが致命的で、表示画像を変えるためには一度スマホを外す必要があります。改善希望としては、イヤホンについてる再生ボタンとか使って、画像送りと戻し出来ないですかね?リコーさん検討お願いします。

二つ目はTHETAを使ってる限り仕方のないこと、自分が使っているのは初代THETAなので、今のTHETA Sと比べたらさらに低いのだけれど、きっとTHETA Sでも物足りないと思います。もう、こうなると一眼レフ使ってVR合成した写真を見るのがVR世界への突入感として良いと思います。

そんなこんなで、念願のTHETA 写真に飛び込んだわけですが、実はVRスコープ買ったら他にも色々やってみたい、むふふな目的があるのです。その内容についてはまた次回!

iPhone6Plusで使える激安 THETA VR ビューア」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: スマホでアダルトVRを体験してみる【その1】 | 消費の日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください